今屋クリーンズ・高島少年野球連盟高島平新聞社杯《平成30年春季大会》

 2月17日、旧高島七小校庭で開会式が行われ、高島平ブラザーズAチーム主将・山岡泰己君の選手宣誓で開幕した平成30年春季大会。Aクラス8チーム、Bクラス3チームの計11チームが参加し覇を競った。

 

エイトがA・B制覇
 2月17日、旧高島七小校庭で開幕した『今屋クリーンズ・高島少年野球連盟高島平新聞社杯平成30年春季大会』が、2月25日に全日程を終了し閉幕した。

 今大会は5年ぶりにAクラスに地域全8チームがそろったが、Bクラスは3チームの参加。Bはリーグ戦とした。新チームになってから浅い日数での大会だったが、選手たちは奮闘し好試合も多く見られた。

 今大会も「有限会社今屋クリーンズ」(高島平5丁目)が冠スポンサーに付き、協賛各社と共に大会を応援した。

 以下でAクラス決勝戦と3位決定戦、Bクラスの試合の模様を伝える。

《Aクラス決勝戦》
○高島エイト対高島ファイヤーフライ
 先攻のファイヤーフライは1回表、1番・矢代君が四球で出塁。二死後、4番・東原君の適時打で1点を先制した。

 しかしその裏、エイトは1番・斉藤君が右中間越え二塁打で出塁すると2番・飯田君の内野安打、3番・西久保君のテキサスヒットで1点を返し同点。その後も四球、捕逸などで得点を重ね、この回6点を挙げた。

 2回裏、3回表に両チーム1点ずつを加え、ここまではエイト有利の展開。しかし4回表、堅守のエイトが乱れる。死球、失策が重なり、ファイヤーフライは2番・山口君の中前打とミスを見逃さない攻めで6点を追加し逆転に成功した。

 だがその裏、この回先頭の飯田君が二塁打で出塁し、西久保君のセーフティーバントで生還。また5番・木村君の3ランなどで4点を挙げ突き放した。

 ファイヤーフライも中盤盛り返したが終盤力尽きた。2時間1分の大熱戦はエイトに軍配が上がった。


《Aクラス3位決定戦》
○赤塚河岸ジャイアンツ対高島平ジャガーズ
 ジャイアンツは3回裏、7番・小原君の中越え二塁打で無死二塁。捕ゴロ失策で小原君が生還し1点を先制した。

 続く4回表、ジャガーズは4番・渡辺君が死球で無死一塁。二死後、7番・君島君の適時打で同点に追いついた。

 しかしその裏、ジャイアンツは二死二塁から1点、相手の三ゴロ失策で出た走者を小原君が二塁打で返し、この回2点を加えジャイアンツが勝利。
 力が拮抗した好ゲームだったが、決定打と4回のミスが明暗を分けた。


《Bクラスリーグ戦》
○高島ファイヤーフライ対高島エイト
 初回、先行のエイトが1点を先制。その裏ファイヤーフライは2番・荒瀧君の内野安打、3番・江部くんの四球で一死一・二塁。内野ゴロ失策の間に同点とする。  3回表、エイトは連続死球、太田君、高橋君の連続安打などで3点を追加した。  ファイヤーフライは1回以降、エイトの投手陣を打ち崩せず無得点。一方エイトは、4回に3点、5回にも2点を加え完勝した。

○新河岸パワーズ対高島エイト
 エイトは1回表、先頭の太田君が三ゴロ失策で出塁し盗塁、2番・高橋君の内野安打でまず1点。その後も失策絡み、6番・黒木君の2点二塁打などで5点を先制した。  その裏パワーズも反撃。一死後四球や5番・東条君の2点二塁打などで4点を返す。  しかし続く2回表に、エイトは打者11人、1安打ながら四死球で6点を加える。  3回に両チーム1点ずつを加えたが、時間制限によりゲームセットとなった。

○新河岸パワーズ対高島ファイヤーフライ
 パワーズは1回表、2番・横山朋樹君が二塁打、3番・馬場君が四球で出塁し、内野ゴロとボークで2点を先制。  その裏ファイヤーフライは、先頭の田中恒君が失策で出塁。本盗や四球、安打などで4点を挙げ逆転、さらに2回裏にも4点を加えた。  パワーズは3回表、3連続四球、4番・山城君の適時二塁打などで5点を追加、1点差まで追いあげる。  しかしその裏、パワーズの制球、守備の乱れから打者15人を送り11点を加えたファイヤーフライが大勝した。

ページトップへ戻る

《大会結果》
【Aクラス】【Bクラス】
優 勝:高島エイト
準優勝:高島ファイヤーフライ  
3 位:赤塚河岸ジャイアンツ
優 勝:高島エイト
準優勝:高島ファイヤーフライ
3 位:新河岸パワーズ


《選手たちの熱闘》
   
   

《閉会式》





●個人賞●

Aクラス最優秀選手賞
高島エイト・木村海斗


Aクラス優秀選手賞
高島ファイヤーフライ・東原壮一郎


Bクラス最優秀選手賞
高島エイト・高橋颯大

  がんばりま賞:高島平セブンスターズ






Aクラス優勝 高島エイト


Aクラス準優勝 高島ファイヤーフライ


Aクラス3位 赤塚河岸ジャイアンツ


Bクラス優勝 高島エイト


Bクラス準優勝 高島ファイヤーフライ

ページトップへ戻る