会社概要

高島平新聞
会社名 株式会社 高島平新聞社
代表 代表取締役 村奈嘉 高英
編集局所在地 〒175-0082
東京都板橋区高島平2−33−4−109
電話 03−3936−1634
FAX 03−3936−1314
E-mail shinbun@takashimadaira.co.jp
創業年月日 昭和47年(1972) 5月1日
法人設立日 昭和57年(1982) 7月15日
資本金 1,000万円
従業員 10名(他に、配布要員20名)
事業内容 1.新聞・出版業
2.広告業
3.情報サービス業
4.ニュース供給業
5.損害保険代理業
6.全各号に付帯する一切の業務

※ 1.
主たる刊行物である『高島平新聞』は、月刊(毎月15日発行)で、
高島平地域を中心に22,500部発行(2016.1 現在)。
創刊号以来、地域唯一の情報紙として、44年の実績と信頼を得ている。

※ 2.
年1回刊行の『高島平べんり帳』は、日々の暮らしに重宝な冊子で、
30,000部を発行、地域の97%をカバーしている。
ページトップへ戻る

高島平新聞とは・・・


創刊号の写真
創刊号の団地新聞・高島平

高島平新聞とは・・・

昭和47年(1972)、東京の北西部に突如出現した高島平団地。
 東洋一のマンモス団地、という鳴り物入りで建てられたにもかかわらず、どこに行けば何が売っているのかさえわからない。
 たばこ1つ買うのにも苦労している住民。1年足らずの間に一挙に3万人が住む街に。住民は戸惑った。 小紙・村中義雄現会長は、立ちあがった。
 新聞作りのノウハウは知っていた。 「ハードを公団が造ったのなら、ソフトは私が創る」と、 高島平団地住民むけの情報紙を創ることを決心。 昭和47年5月20日、高島平新聞の前身「団地新聞・高島平」を創刊。 タブロイド判4ページ、チラシのような新聞ではあったが、記念すべき第1号。

 その後、団地を中心として街ができ「高島平新聞」へと題号を変更。
 取材エリアを広げ、発行部数も伸び「頑張って、いい新聞創っているね」 とNTTタウン誌大賞・奨励賞を受賞。
 賞金で一杯飲んで大騒ぎして喜んだ。 ご褒美に編集長からスタッフに金貨が1枚ずつプレゼントされた。
 平成14年創刊30年を通過。「街の元気を応援します!」がコンセプト。
 この人知ってる、を大切に地元密着がモットー。 高島平地域の地元情報満載。 街にとってはなくてはならない存在に。 カラー印刷も始めた。
 現在、タブロイド16ページが建ページで、22,500部、 地域世帯の75%に当たる新聞が配布されている。
 2016年1月号で創刊44周年、547号。

ページトップへ戻る

スタッフ紹介

村中 義雄  (巳年、さそり座)
ホットウーロンハイをあおりながら,“我が街”を語ることをこよなく愛す。
専門紙でたたきあげた記者。 アナログ人間。
代表取締役 村奈嘉 高英
営業部長兼任
高島平生まれの高島平育ち。元商社マン。
剣道五段、杖道初段。
大学時代は体育会剣道部の主将を務めた体育会系。
《柳澤 知恵子》
・新聞社に入社し十数年の大ベテラン!
 帽子と手袋がトレードマークで物腰し柔らかな女性。
 10代から20代の頃に聞いた曲をYou Tubeで聴くのが最近のお気に入り。
 おうし座、O型。
《鈴木 孝美》
・優しさと強さを合わせ持つ、面倒見の良い姉御肌。
 明るい笑顔と幅広い知識の持ち主で、取材先にもファンが多い。
 仕事もさることながら、華麗なタンバリン振りにも惚れてしまう。
 おひつじ座、A型。
《篭谷 奈央》
・一見クール、でも実はハートが熱いシャイな人情家。
 また面倒ごとを一手に引き受ける男前な一面も。
 取材、営業etc…ソツなくこなすわが社のオールラウンダー。
 うお座、A型。
《若林 麻衣》
・ド天然な発言でしばしば場を和ます我が社の癒し系。
 でも、仕事では相手が誰でも物怖じせずどこにでも出かける肝っ玉をもつ。
 記者最年少、伸びしろNo.1!
 てんびん座、A型。
ページトップへ戻る


マスコミに掲載

2016年4月6日
東京新聞
団地再生へ高島平新聞奮闘記
2016年1月1日
The Japan Times
・ Japan's population dilemma, in a single-occupancy nutshell
・ Answers to population woes elude
2014年12月
日経ヴェリタス 354号
歩くヴェリタス 東京・高島平へ(2ページ)
2013年3月3日
日刊スポーツ
地元愛で40年 高島平新聞
2013年1月7日
朝日新聞
巨大団地 わが故郷
2011年2月16日
新潟日報
高島平団地 故郷の衰退に一念発起
2011年2月7日
高知新聞
<高齢化する東京・高島平団地> 衰退の故郷を助けたい
2011年1月28日
中国新聞
<東京都の高島平団地> 老いる「町」新聞が力
2009年12月17日
読売新聞
<高島平団地> 活性化 知恵を集結
2007年12月8日
日経新聞
<高島平で大東大> 団地再生に大学の知恵
2005年11月10日
日経新聞
世代交代、どう進める
2004年11月22日〜27日
朝日新聞
高島平コラム
2004年7月27日
住宅新報
<大規模団地> 街づくりに新発想を
2004年2月17日
住宅新報
月間タウン紙「高島平新聞」通算400号突破
ページトップへ戻る